食べることは生きること

かわうそくんです。

暑くなりましたね。この異常な暑さなのか、人も動物も、夏は食欲が落ちたり、食べる時間帯が変わったりと、色々影響がでますよね。

 

「食欲がないから栄養剤を点滴してほしい」と言われる事も多いですが、口から食べる栄養に勝るものはありません。

 

特に高齢の猫は、一度に食べる量も少ないため、食べてくれないと心配になります。

高齢猫では、食べられない理由に、口腔疾患や慢性腎臓病を患っている場合があります。その場合は、治療をしないと食欲はなかなか戻りません。

 

食べてくれない子に食べさせるって、本当に大変だと思います。でも少しの工夫で、食べるきっかけになる子もいるので、ぜひ試してみてください。

*食べない時は積極的にウェットフードを使う

*フードを温める(ドライフードも)

*器の高さを高くする

*フードの盛り付けを山にしてみる

*ドライフードの容器に、ティーパックにかつお節を入れ匂い付けしておく

*チュールを利用する

*食べている時に体に触れたり、大きな音を立てたりと、気が散らないようにする

 

など…他にも猫の数だけやり方はあると思います。好き嫌いも猫はハッキリしているので、その子の好みに合わせた食事とやり方で、この暑い夏を乗り切りましょう!

 

f:id:misaki-ah03:20220731234637j:image

f:id:misaki-ah03:20220731235033j:image

みんな、暑さでダラダラしてます。

感染症

こんにちは、豆乳です!

 

暑さが続いてますね、

お散歩も早朝か夜暗くなってからじゃないと厳しいくらいですね。。

 

お散歩、旅行、ドッグラン、トリミングなど

一緒にお出かけ、他のワンちゃんと触れ合ったりする機会があると思います。

 


外からウイルスや細菌を持ってくるのを防ぎたい、ワンちゃんも人間自身も感染症から守りたいものです。

怖い感染症から年に一回の混合ワクチンをしっかりと接種できていれば防げる事もあります。

 


当院では7種・10種のワクチンをオススメしています。

このワクチンはレプトスピラ病といって人間にも感染する病気を予防することができます。

 


レプトスピラ病の症状は、

犬では初期症状としては発熱、食欲不振、嘔吐、脱水があり、

その後、腎疾患、肝機能障害など治療が遅れた場合亡くなることもあります。

人では発熱、結膜の出血から黄疸、貧血、意識障害といったものがあります。

 


やはりとても怖い病気であるので、ワンちゃんや自分自身、家族を守るためにもワクチン接種をよろしくお願いします。

ワクチンについてわからないことや気になったことがあれば何でも病院スタッフまでお声かけください!

f:id:misaki-ah03:20220716160754j:image

マイクロチップ

こんにちは、こっちゃんです。

 

6月1日からマイクロチップの装着・登録が義務化されました。

マイクロチップとは?

直径1、2mm、長さ1cm程の円筒形をしたガラス製の電子標識器具です。

チップには世界で唯一の15桁の個体識別番号が記録されており、専用のリーダーで読み取る事ができます。

f:id:misaki-ah03:20220704115226j:image

装着は、専用の注射器を使って犬猫の肩甲骨のあたりの皮下に装着します。

f:id:misaki-ah03:20220704115203j:image

1度体内に埋め込むと脱落したり消失する事はほとんどありません。

迷子や災害、盗難などによって飼い主と離ればなれになってもチップの番号をリーダーで読みとりデーターベースに登録されている飼い主の情報と照合する事で、戻ってくる可能性が高くなります。

 

今回装着が義務化されたのは、ペットショップやブリーダーなどの犬猫販売業者で、犬猫を取得した日から30日以内に装着しなければいけません。

一般の飼い主さんが新たにマイクロチップを装着させるかは努力義務となりますが、マイクロチップを装着している犬猫を取得した場合、新たにマイクロチップを装着した場合には30日以内に、環境省データベースへの登録が義務となります。

 

登録は基本的にオンライン申請、クレジット・QR決済になり装着した際に発行されたマイクロチップ装着証明書が必要になります。

オンライン申請が難しい、クレジット・QR決済が難しい場合、用紙や振込による申請も可能なので、希望があればお声かけください!

 

装着、登録に関してわからない事があればスタッフまでお声かけください☺️

予防してますか?

こんにちわ

にじいろです。

 

富山県西部で初めてペットのSFTSの発症が発表されました。


f:id:misaki-ah03:20220616193847j:image

 

6月4日の読売新聞にも掲載されていましたので、ご存じの方もいらっしゃると思います。

病院には、新聞記事とSFTSについて詳しく掲示もしていますので来院された時にご覧いただければと思います。

 

今から夏に向けて出かける機会が増えると思います。

山や川など自然が多い場所に行く時は動物はノミマダニの予防をしっかりする事と、人は肌の露出の少ない服装で刺されないように気をつける事が大事です。

刺されたかも!と思った時は、すぐに病院にかかってくださいね。

 

新緑

お花と緑が美しい季節になりました。

朝や夕は特に屋外が気持ちいいみたいで、犬だけでなく猫たちも庭にでたがります。

コンクリートでゴロンゴロンしたり、草を食べたり(吐いたり)。私も一緒について回るのですが、木に毛虫を発見したり蚊にもさされます。虫たちも絶好調の様子。

皆さん、ノミダニ、フィラリア予防ははじめてますか?

もちろんウチの子たちも猫はつけ薬、犬は飲み薬でやってます!

でもイモムシやアブラムシはよくくっつけてくるので、家に入る前には要注意です。

特に黒い犬は長い毛の中に色々隠し持ってるので困ります

予防が大事!

犬猫の平均寿命は年々長くなっています!

昔は病気や怪我で幼くして、亡くなる事も多かったようですが、長寿の理由として獣医療の進歩、室内飼いになるなどの飼育管理、ペットフードの普及などがあります!

その中でも大きな理由が、予防です!

ワクチンや駆虫薬、予防薬の普及により感染症が減り、幼くして亡くなる命が激減しています!

また、避妊、去勢の普及から、生殖器の病気にかかる事が減ったからです。

ワクチン、フィラリア、ノミマダニ予防、早期の避妊去勢により沢山のペットを守る事ができます!

予防シーズンになりますが、お忘れなくお願いします!

f:id:misaki-ah03:20220518072337j:image

 

 

こんにちは、オレンジです。

ゴールデンウィークが始まりましたね!皆様いかがお過ごしでしょうか?みさき動物病院では引き続き、フィラリア予防、春の健康診断を実施中です。

期間は6月4日(土)までになっております。安全にフィラリア予防をするにはお薬を飲み始める前に検査が大切です。期間中はお得に健康診断をすることができるので、この機会に健康チェックしましょう!

さらに健康診断のご予約はホームページからネット予約がお得です!

 

また、狂犬病の予防接種に来られる方もたくさんいらっしゃいます。お住まいの市からハガキが送られて来ていると思います。ハガキは問診票にもなっているので、ご来院される際には、ぜひハガキをお持ち下さいね。接種時期はわんちゃんによって異なりますので、ご確認下さい。

狂犬病は日本国内においては数十年も発生していませんが、外国では依然として発生しています。わんちゃんと楽しく暮らしていくために狂犬病予防接種は忘れずに!


f:id:misaki-ah03:20220501221942j:image